« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

やっぱり

昨日、「1回は会社に顔を出すようかな?」と書いた矢先、会社からHELPの電話。
電話であれこれと、指示を出すが、らちが明かないので結局、夕方から会社へ。
先方と電話で調整し、現場に立会い、指示を出して、一段落。
気が付いたら、PM8:30を回ってた。

何はともあれ良かったが、体調は今ひとつ。
4日ぶりに会った部下からは、「少しやつれましたね」
...鬱は出ていないのだが、やる気が今ひとつでないのが顔に出てしまっているのだろうか。
今はがんばることより、休養が大事。
もうちょっと辛抱しといてください。みんな。

自宅療養(その2)

自宅療養を開始して、4日目。
やっぱり、会社から色々な情報が入ってきます。
無関心を装える立場でもなく、結局そのメールにレスしたり。
1回は会社に顔を出さなければならないようです。

相変わらず、やる気の起きない釣りには、何とか1回は行って見たいなと思っております。

自宅療養

医者からの勧めで、本日よりしばらく自宅療養することになりました。
身体的には特に問題があるわけでもなく、メンタルな部分が病んでるだけに、どうやって過ごそうか思案中。
とはいっても、会社のメールは自宅に転送掛けたんで、家で仕事しちゃったりするんだろうな。

さぁ、鈴鹿

台風22号の影響で、昨日は鈴鹿サーキットが閉鎖されたらしい。
そんな訳で、今日の午前中に予選をやって午後から決勝。
鈴鹿スペシャルはどんな結果を残してくれるでしょうか?
結局、GPウィーク中のエンジンは2日しか使ってないから、今日はドカーンとぶん回して、もらっていい結果に結びつくことを願います。

頑張れHONDA!

意外と普通だった

前々回に「心の風邪」に掛かった様だと書きましたが、結局今まで通っていた内科の先生ではどうにもならないようなので、思い切って心療内科を受診してきました。
(今まで、自分の持病は単に胃の病気だと思っていたのですが、どうも具合が良くないのでもしかしたらと常々思っていた)

先月、タウンページやインターネットを駆使して、地元の心療内科を探したら、たったの2件。

隣町や、少し離れたところならもう少し多いのだけれど通院するなら近いところがいい。
そんな訳で、住所を頼りに下見開始。

まずAクリニック。
小さな個人病院が集合したビルの3階。駐車場は共同...ということは、診療時間によっては駐車できない。そばにはコイン駐車場すらない。
従って、パス。
となると、Bクリニックしかないのか...。
とりあえず、Bクリニックに行って見ると建物はなかなかいい感じ。
駐車場も専用があるし、満車でも近くにコイン駐車場もある。

Bクリニックに決定!
翌日さっそくTELをしてみると、受診できるのは10月初旬。
同じような病気の人がたくさんいることを実感。

8月の後半から目立ち始めた心の風邪というコイツは結構、厄介なもので自分の中の欲をほとんど奪っていた。
せめてもの救いは、「生きる」欲だけはなくならなかったこと。
あっという間に4kg以上痩せてしまいました。(食欲がなくなったので)

それまで体が持つだろうかと思うこと、2週間ちょっと。さぁ、受診初日です。
初めてかかる心療内科....。(ちと、不安)
さっさと受付を済ませ、アンケートに記入する。
自分の症状や、食欲はあるかとか、気分はどうだとか。

待つこと約20分。
名前を呼ばれて診察室に入る。

そこには、社長室にある机と私より少し年上の男性が一人、白衣も着ないで座っていた。
周りには看護士もいないし聴診器などの器具もない。
唯一あったのは、血圧計だけ。
これが心療内科なのか?

その部屋には、その男性しか居ないのでクリニックの先生であることは間違いないのだろうけど、ちょっとびっくり。
先生から質問を受けたことに対して、解答し、それを一生懸命カルテに記入していく。
また、以前かかっていた内科の先生から状況報告書も預かってきたので見せる。

結論から言うと、やっぱり心の風邪。すなわち“うつ病”で、パニック障害もあるとのこと。

治療の進め方や使用する薬、その作用や副作用についての説明を受け、「最後に具合が悪くなったら、いつでも来なさい」といわれ、心療内科初日は終了。
時間にしたら、3~40分程度。

心療内科って、ものすごく特別な感じがしてたけど意外と普通だった。次は2週間後か...。

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ