« 勝手にどうぞ | トップページ | さぁ、鈴鹿 »

意外と普通だった

前々回に「心の風邪」に掛かった様だと書きましたが、結局今まで通っていた内科の先生ではどうにもならないようなので、思い切って心療内科を受診してきました。
(今まで、自分の持病は単に胃の病気だと思っていたのですが、どうも具合が良くないのでもしかしたらと常々思っていた)

先月、タウンページやインターネットを駆使して、地元の心療内科を探したら、たったの2件。

隣町や、少し離れたところならもう少し多いのだけれど通院するなら近いところがいい。
そんな訳で、住所を頼りに下見開始。

まずAクリニック。
小さな個人病院が集合したビルの3階。駐車場は共同...ということは、診療時間によっては駐車できない。そばにはコイン駐車場すらない。
従って、パス。
となると、Bクリニックしかないのか...。
とりあえず、Bクリニックに行って見ると建物はなかなかいい感じ。
駐車場も専用があるし、満車でも近くにコイン駐車場もある。

Bクリニックに決定!
翌日さっそくTELをしてみると、受診できるのは10月初旬。
同じような病気の人がたくさんいることを実感。

8月の後半から目立ち始めた心の風邪というコイツは結構、厄介なもので自分の中の欲をほとんど奪っていた。
せめてもの救いは、「生きる」欲だけはなくならなかったこと。
あっという間に4kg以上痩せてしまいました。(食欲がなくなったので)

それまで体が持つだろうかと思うこと、2週間ちょっと。さぁ、受診初日です。
初めてかかる心療内科....。(ちと、不安)
さっさと受付を済ませ、アンケートに記入する。
自分の症状や、食欲はあるかとか、気分はどうだとか。

待つこと約20分。
名前を呼ばれて診察室に入る。

そこには、社長室にある机と私より少し年上の男性が一人、白衣も着ないで座っていた。
周りには看護士もいないし聴診器などの器具もない。
唯一あったのは、血圧計だけ。
これが心療内科なのか?

その部屋には、その男性しか居ないのでクリニックの先生であることは間違いないのだろうけど、ちょっとびっくり。
先生から質問を受けたことに対して、解答し、それを一生懸命カルテに記入していく。
また、以前かかっていた内科の先生から状況報告書も預かってきたので見せる。

結論から言うと、やっぱり心の風邪。すなわち“うつ病”で、パニック障害もあるとのこと。

治療の進め方や使用する薬、その作用や副作用についての説明を受け、「最後に具合が悪くなったら、いつでも来なさい」といわれ、心療内科初日は終了。
時間にしたら、3~40分程度。

心療内科って、ものすごく特別な感じがしてたけど意外と普通だった。次は2週間後か...。

« 勝手にどうぞ | トップページ | さぁ、鈴鹿 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47684/1592756

この記事へのトラックバック一覧です: 意外と普通だった:

« 勝手にどうぞ | トップページ | さぁ、鈴鹿 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ