« 健康で何より | トップページ | 精神科に行こう! »

前途多難

バス釣り業界及び愛好家が心配している特定外来種駆除の件で、環境省は12日、魚類の専門家による会合を開き、日本固有の生態系や人、農作物に被害を与える外来種を規制する「外来種被害防止法」の対象に、ブラックバスの一種で長野県野尻湖などに定着が確認されているコクチバスなど魚計7種を入れる方針を固めたそうである。

ということは、スモールマウスバスは駆除の対象になっちゃうのね。
ラージマウス方は個別討論とかで、今のところ大丈夫(?)みたいだけど、微妙だね。

今のところ、候補に挙がっているのは「スモールマウスバス」「ブルーギル」「雷魚」「タイワンドジョウ」「チャネルキャットフィッシュ」「ノーザンパイク」「ヨーロッパオオナマズ」。

タイワンドジョウを除いてみんなルアー対象魚だなぁ。
確かにパイクは危険だけど...。
ブルーギルだって狙って釣れば楽しいのに...って、そういう話じゃないんだよねこの件は。

そういえば、ブルーギルって今の皇太子が日本に持ち込んだって聞いたことあるけど...。

前途多難なバス業界。
せめてラージマウスは、候補から外れて欲しい。

« 健康で何より | トップページ | 精神科に行こう! »

「フィッシング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47684/1942514

この記事へのトラックバック一覧です: 前途多難:

« 健康で何より | トップページ | 精神科に行こう! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ