« できないの? | トップページ | 成長期 »

オオクチバス指定の波紋、特定外来生物

昨日、書いたブログでリンク先が消去されてましたので、その記事を...。

******************************

 日本の生態系に被害を及ぼす恐れがあるとして、先日、37種類の動植物が輸入や養殖などを原則禁止する「特定外来生物」に指定されました。ところが、「ある魚」が指定されたために、太公望らの間で困惑が広がっています。

 ブラックバスは現在でもフライやソテーなどにして食べられています。そのブラックバスの一種で、釣り魚として人気の高いオオクチバスですが、メダカやタナゴなど日本に古来からいる魚が食い尽くされるなどの被害を受けた沼や湖が相次いでいます。
 
 こうしたことから、環境省は先週、オオクチバスを「特定外来生物」に指定したのです。
 
 一方、ブラックバスを観光産業の目玉に位置づけている地域では困惑が広がっています。年間約20万人の釣り客が訪れる山梨県の河口湖ではこの日、シーズンオフにもかかわらず、ブラックバスの釣り愛好家60人が参加して、大会が開かれました。
 
 河口湖は全国で4つしかないオオクチバスの漁業権免許が設定されている湖の1つで、釣りが認められている他、増殖することが義務付けられています。
 
 河口湖のある町ではオオクチバスが特定外来生物に指定されると、養殖や放流ができなくなって数が減り、釣り客も大幅に減少して、地域経済が大きな打撃を受けるのではないかと懸念しています。
 
 この日の大会で釣れたオオクチバスはたった1匹でした。全国に約300万人、市場規模は1000億円とも言われるブラックバス釣り。地域経済に与える影響が懸念される中、環境省は駆除方法などの検討を急いでいます。(6日 15:18)

[6日17時53分更新]
社会ニュース(JNN)

« できないの? | トップページ | 成長期 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47684/2840980

この記事へのトラックバック一覧です: オオクチバス指定の波紋、特定外来生物:

« できないの? | トップページ | 成長期 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ