2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

やられた!

釣行記に書くほどでもないので、今日はこっちに書いてます。
世間ではゴールデンウィークということで、早い企業では金曜日から休みなんだそうだ。
私の勤める会社は、5月3日からなので今日は普通の休み。

せっかく暖かくなってきたので、某所の具合はいかがなものかとお昼から行ってきました。
さすがに、GW。人がものすごく多かった。

魚の活性は今ひとつなので、お弁当を食べながらのんびり置き竿なんかしていた。
すると、娘のロッドにアタリ。

06043001 やられちゃいました。_| ̄|○

で、息子と私はノーフィッシュでタイムアップ。

まぁ、休みの日ののんびりフィッシングなのでこれも良しとしましょう。

久しぶりのバスに娘は喜んでいましたが息子は凹みまくり。

しっかりしろ、息子よ。それくらいで凹んでいたら大人になったら苦労するぞ。

はっきり言って集中力の差でした。
「動かすな」と言っても動かしてしまう息子。
娘はただひたすら、ラインに集中していた。
(といっても、置き竿だが)

女の子(人)は言われたとおりにするからビギナーズラックの可能性が高いと昔、バス雑誌で読んだような気がしました。

GWは帰省するので、バス釣りできません。(リリ禁の県なので)
GW明けから本格始動ですかね。

パソコン逝く(IBM X30)

Ibmx30
会社で使っている、IBM X30が逝った。
逝ったのは、側の方で内部は健在だ。写真に示している部分にクラックが入ってしまったのだ。
既にサポートも終了しているので、修理はできないかも。
Ibmx3001
Ibmx3002
Ibmx3003
上司に相談したところ、もう少し使えとのこと。
どうせなら、中も逝ってしまえば買い換えられるのに...。
現在、新規購入ができるか調整中です。

無線LAN内蔵で、社内で使うには重宝していただけに...。
といっても、役員のお下がりなんですけどね。

殺虫剤で逝く?( ゚Д゚)イッテヨシ

昨晩、なにげにアズキを抱き上げた。
そのときに、何か変な臭いがしたので妻に聞いてみた。

「それ、ノミ取りの薬の臭いだよ」

手が油っぽくて、鼻に突くいやな臭い。
すぐに手を洗ったが、その晩から体に異変が...
何か気持ち悪い、我が家ではアズキも同じ部屋で寝るので臭いが部屋中に籠もるのだ。

翌朝、お腹が急降下状態で胃がムカムカして吐いた。会社へ行っても状態は収まらず、結局、ムカムカと一日お付き合い。

今日はアズキを洗います。

まさか殺虫剤で逝くとは思いませんでした。( ゚Д゚)イッテヨシ

東北に向け移動中

東北に向け移動中

ただいま東北自動車道の上河内サービスエリアにいます。これから福島県に向け、移動します。

上河内サービスエリアパート2

上河内サービスエリアパート2

さくら

2006041513020301

自宅の近所にて。畑の真ん中に群生して植えてある。

ライフジャケットは着ましょうね

11日に本栖湖でボートが転覆し、乗っていた人が亡くなられたそうだ。救命胴衣を着用していなかったことが原因の水死だそうだ。

河口湖や本栖湖では四月に入り水難事故が三件続発し、多発傾向。救命胴衣を着けていなかったり、強風時に乗船したことなどが原因とみられ、同署は天候不順時の乗船自粛などを呼び掛けている。また大型連休など本格的な観光シーズンを控えていることから、地元関係者が行楽客へのマナー順守呼び掛けを確認するなど警戒を強めている。

富士五湖では四月に入り、釣り客の水難事故が続発。三日は河口湖でプレジャーボートが強風にあおられて転覆。男性は軽いけがをした。同日は県内各地は強風に見舞われ、河口湖は四月で過去二番目の瞬間最大風力三二・七メートルを記録した。八日にも同湖で、バス釣りに来ていた人がボートから転落。船内のクーラーボックスが風で動いてボートが揺れ、バランスを崩したとみられる。  

同署によると、富士五湖の水難事故は昨年一年間で五件発生し、死者は一人。○四年は三件で死者ゼロ、○三年は事故件数がゼロだった。  富士五湖では地元漁協やボート業者らが釣り客や行楽客に対し、強風時の乗船自粛や救命胴衣の着用などを呼び掛けているが、「乗船マナーを守らなかったり、中には飲酒をする人もいる」(漁協関係者)と困惑している。

四月に入り十一日間で三件という水難事故の多発傾向を受け、河口湖、西湖、精進湖、本栖湖を抱える富士河口湖町は再発防止策を検討。町の担当者は「悪天候時などにボートで湖に出ている釣り客を見た際、注意してもらうよう各漁協や貸しボート店などから協力を得たい」と話している。

救命胴衣(ライフジャケット)は非常に大事です。
ウェーディングをする私でも着用してます。
昨年、落水経験があり、救命胴衣で助かりました。ほんとにちゃんと浮きますから、絶対着用です。

これから、暖かくなると暑くて最初に脱いでしまうのが救命胴衣です。
夏になると上半身裸でボートに乗っている人を良く見かけますが、ものすごく危険です。

絶対に着用しましょう。

バス退治に新兵器 人工床改良センサーで産卵探知

今秋に転勤が予定されている、福島県。
地元情報をネットで収集するのが日課となっている。
今日、こんな記事を見つけた。

 全国で深刻化しているブラックバス(オオクチバス)の被害対策に宮城県から新兵器が登場した。伊豆沼・内沼(栗原、登米市)でのバス駆除活動をもとに開発された「営巣センサー型人工産卵床」で、県は特許申請中。
県内企業が商品化し、販売を始めており、琵琶湖(滋賀県)でも利用予定という。
 営巣センサー型人工産卵床は、2004年から伊豆沼・内沼で使われている箱型の「人工産卵床」の改良版。産卵が最も増える状態に合わせて箱の大きさや形状を調整し、産卵に反応するセンサーを付けた。
 人工産卵床は、湖沼に沈めて親バス、卵、稚魚を1カ所におびき寄せて駆除する。効果が高く「伊豆沼方式」として全国の湖沼に広がっていた。ただ、定期的に水に入って産卵の有無を観察する必要があった。
 このため、産卵床考案者でNPO法人「シナイモツゴ郷の会」の高橋清孝副理事長が、勤務先の県水産研究開発センターや伊豆沼・内沼で実験を繰り返し改良。バスが産卵時に尾びれで水底を掘ることに着目し、産卵床の底にピンポン球をセットし産卵行動で浮き上がる「センサー」の仕組みを開発した。

 商品化は土木建築資材販売を手掛ける「東北興商」(仙台市)が担当した。調理用せいろや土木作業ネットなど既存部材を流用した。大きさは縦、横各60センチで、高さはネットで調整し、30センチ程度になる。価格は税込み5000円。今季の伊豆沼・内沼と琵琶湖の駆除活動に100個ずつ使用される予定だ。

 高橋副理事長は「多くの湖沼で活用できるよう、駆除ノウハウも含めて提供していく。さらに改良を続けたい」と話している。

沼や湖は判るが、河川でも使えるのだろうか?
阿武隈川などにもバスは流入しているのに。

カオスだもんね15巻予約開始

【予約】 カオスだもんね! 15 未来編
ご予約は、画像をクリックしてみてください。
当然、今日予約しましたよ。 最近じゃ、かみさんも「まだ、次が出ないの?」なんて言うようになったし。

やばいよ

河口湖で放流があったり、デカバスの報告が入ったりすると、居ても立っても居られなくなります。
そんな鬱憤を払拭するかのように、釣り道具買いまくり状態です。
ましてや、フィッシングショーが終わって各メーカーから新作や、今まで在庫不足気味だった商品があると、うっかり手を出してしまいます。

この辺はメーカーの術中にはまりまくってます。

今日も、買い物をしてしまった。
こんなにいろんな種類を買ってしまっても、年間通して使うのはほんの一握り。

早く管理釣り場じゃなくて、本物のフィールドに出たい。

佐野のサクラ

佐野のサクラ

ただいま栃木県の佐野サービスエリアにいます。今日は出張で、これから宇都宮方面まで行く予定です。しかし、今日は暑い。

ワンセグ放送開始

今日は地上デジタル放送の開始日、早速VAIO Type Tのワンセグを確認。

いままでの、「試験放送」の文字が消えてました。
受信局の変更は特になく私の住んでいる地域では、「日テレ」「TBS」「テレビ東京」「フジテレビ」が受信できました。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »