2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

転勤から2週間

福島へ転勤してから2週間。

だいぶ落ち着いてきました。

...と書きたいところですが、全く落ち着きません。
まだまだ、立ち上げには問題山積みです。品質保証の仕事ばかりやっていたので、総務や管理などの未経験の仕事は少々しんどいです。
ましてや、長期の一人暮らし。
東北の土地柄なのか、のんびりと時間が過ぎて行く感じで良いんですけどね。

体が相当疲れているようで、再び「これ」が発症。
黄色信号点滅です。
そんなわけで、今日は午後から休みをもらって栄養ドリンク飲んで寝てました。
Imgp1505

これ、効きますね。普通の栄養ドリンクの2倍の値段ですけど目が覚めたら疲れがばっちり取れてました。

さて、明日はどうかな。

割れた

割れた

昨日、関越自動車道を東京方面に走っていたら、突然フロントガラスが割れた。とりあえず走行に支障がないようなので、そのまま東京へ。すぐに保険会社に電話。たぶん保険で直せるとのこと。今まで保険を使ったことがなかったので、今回初の使用となった。

ちょっと忙しくなってます

福島へ転勤となって、10日経ちましたがいろいろと忙しくて更新も滞りがちとなってます。

当初は2週間ごとでの東京出張だったのですが、いろいろあって10日のうち半分は東京暮らしとなってます。
なんかゆっくりと休む間もなく過ぎています。

昨晩、福島を出発して新潟へ。
そのまま東京まで走り切る予定でしたが、実家に泊まって今日、帰京しました。
明日は福島に戻りますが、翌週明けはまた東京です。
週末を福島で過ごしてません。

あぁ、洗濯ができない。

子バスの親

東北転勤で目を付けていた、調整池。
社宅から近いし、会社からも近い。

でも見えるのは子バスばかり。
こいつの親はどこ?

060820

でましたよ。親サイズが。

これから少し楽しめそう。

http://homepage2.nifty.com/good-bass

転勤二日目

20060818095255
転勤二日目です。
新しい工場は、まだ設備も事務機も搬入されておらす、今本社から担当者が来てネットワークの設定をやっています。
この人達が帰ってしまうと、一人ぽつんと取り残された感じになってしまうんでしょうか。
会社はまだ夏休み中なので、他の社員は来ていません。
電話も開通していないので、通信手段はデータカードによるメールと携帯電話だけです。

工事も残工事があるのですが、そんなに大がかりなものはなく、とても静かに進行しています。
山を造成した場所に工場があるので、トンボも○△ヤンマなんていう大型の種類が多いです。

転勤初日

転勤初日

ただいま福島に向け、移動中。
16日中に移動を完了する予定だったが準備に手間がかかってしまい、出発が遅れてしまった。

福島の夜(DAY2&3)

DAY2は、昼間は、マンションの備品購入や電気、ガスの手続き、施主検査をやって夕方は家電の搬入。夜は繁華街へ繰り出して...。

DAY3は、昼間鍵の引き渡し、夜はホテルでまったりしている最中。
台風一過で、日差しが強かったけど東京より湿気が少ないので少し過ごしやすいかな。

明日の夕方には東京に戻れる予定。

定点観測

おはようございます。
だから、もう河口湖は行けないんだって。
と、思いながらも長年通ったので、今年の異常な減水は気になって仕方がない。

そんな中、台風7号が上陸しているので関東、甲信越は大雨の模様。

20060809kawaguchi

少し増えているようにも見えるが...。
台風7号の影響か。

福島からでした。(さて、仕事に行くか...)

福島の夜(DAY-1)

福島県某所の夜です。
今日は、転勤の住まいとなるマンションの下見に行ってきました。
ついでに、家電一式も買ってきました。
今、このブログはホテルから書いてます。一応LANが付いているんだけど最初は繋がったんだけど、急に繋がらなくなった。
Imgp1374

明日は、電気とガスの申し込みと、午後から施主の建物検査。

「心の病」抱える社員が増加

 6割を超える企業で「心の病」を抱える社員が増加傾向にあることが、社会経済生産性本部の実施したアンケート調査でわかった。
 同本部では「風通しがよく、何でも相談しあえるような職場環境作りが急務になっている」と話している。
 調査は、全国の上場企業を対象にメンタルヘルスの取り組みについて聞いたもので、今年4月に実施。218社から回答を得た。
 調査結果によると、「この3年間で(社員の)心の病が増加した」と答えた割合は61・5%となり、2年前の調査に比べて3・3ポイント増えた。「心の病による1か月以上の休業者」を抱える企業の割合も74・8%に上った。
[読売新聞社:2006年08月06日 20時26分]

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

いや、ホントに増えてると実感します。
当事者でもある私が、昨年4月まで休職したのもこの手の病気ですし、今現在も通院しています。
やっぱり通院を始めた頃に比べると、患者数が増えてるみたい。

決して、今勤めている会社の風通しが悪いと言うわけではないです。
むしろ、良くして貰ったと思ってます。
が、こういった会社でも「心の病」は付いてくるということで、やっぱり企業としては注意しないといけないと感じます。

今は、部下なしの身ですがやっぱり昔の部下のことは気になります。
なった人でないと理解できない病気です。

なんかいい予防策がないですかね。

出張中

福島県に建設中の工場も、あと2日で引き渡し。
今日から、3日間は福島県に出張です。
すでに夏休みに入っている会社もあるようで、高速道路はあちこちで渋滞。
予定よりもだいぶ時間がかかり予定していた時間には着けそうもありません。

Imgp1352

苦節7年

昨日のハンガリーGPで、苦節7年にしてやっと初優勝できたホンダ。
昨晩のレース終了後に、ホンダのHPで早速リザルトがアップされてたから、ホンダにとってもものすごく嬉しいことだったようで。
何はともあれ、T社に先を越されないですんで良かった。

今朝、早速研究所にTELを入れて、「おめでとう」を言った。
今季もだめかと思ったけど、やっと勝てたので電話越しの声もうれしそうだった。
Button_hungp_2006_08_06_1
アグリのほうは、琢磨が何とか完走できたようなので、これはこれでまた嬉しい。
大事なデータ取りができたからね。

- - - - - - - - - - - - -

Honda、第三期初勝利飾る! 8月6日・日曜日(決勝レース)
天候:雨のち曇り
気温:17~21度

ハンガリーGP決勝レースで、Honda Racing F1 Teamのジェンソン・バトンが、ついに初優勝を果たし、チームに記念すべき初勝利をもたらした。
Hondaにとって参戦301戦目にして、通算72勝目を挙げた。 また、Hondaワークスチームとしての優勝は、1967年第9戦イタリアGPでジョン・サーティースが獲得して以来、39年ぶりとなる。 ルーベンス・バリチェロも、第7戦モナコGP以来の4位入賞を果たした。

Honda Racing F1 Team 決勝レースの展開:
決勝当日は、前夜からかなりの雨。その後いったんは止んだものの、午後2時のレース開始時点で、路面は完全にウェット状態。
レース中、いつ再び降り出してもおかしくない空模様で、今季初のウェットレースとなった。
好スタートを決めたバリチェロが、F・マッサ(フェラーリ)をかわして2番手に上がる。
バトンも14番グリッドから、11番手、さらに8番手へと3周目までに一気に順位を上げる。 序盤、バリチェロは、4周目にP・デ・ラ・ロサ(マクラーレン)に抜かれ、次の5周目、バリチェロはピットインし、浅溝タイヤに交換。
10番手に後退する。一方、バトンは、6周目にM・シューマッハ(フェラーリ)を抜いて、4番手に立った。 周回ペースは、すぐ前を走るF・アロンソ(ルノー)と、ほとんど変わらず。 10周目には、最速タイムを叩き出した。

中盤、バトンは4番手を維持。バリチェロも5番手に上がった。 そして26周目。K・ライコネン(マクラーレン)のクラッシュで、セイフティカーが導入される。 その頃から雨はほぼ止み、路面は急速に乾いていく。 さらに、バトンの前を走る2番手のP・デ・ラ・ロサがピットに入り、バトンは、2番手に。
バリチェロは4番手に。 バトンは、首位のアロンソとのタイム差も序序に縮まり、最速タイムを更新する。 バトンのペースは安定し、5秒以上あった両者の差は、43周目にはついに0秒8まで縮まった。

51周目に、2度目のピットを終えたばかりのアロンソが、コースアウト。 そのままリタイアを喫し、52周目にバトンがトップに立ち、そのまま快走を続ける。

そしてついに70周を走りきり、念願の初優勝を飾り、同時にチームに記念すべき初勝利をもたらした。
今回の勝利は、Hondaにとって、通算72勝目(F1参戦301戦目)、マクラーレンMP4/7・Hondaを駆りゲルハルト・ベルガーが獲得した1992年第16戦オーストラリアGP以来、14年ぶりの快挙となる。 さらに、Hondaワークスチームとしての優勝は、1967年第9戦イタリアGPでジョン・サーティースが獲得して以来、39年ぶりとなる。 バリチェロも、混乱のレースの中、果敢な走りを見せ、4位入賞を果たした。
(プレスリリースより)

兆し見えず

下の写真は今日の午前中に撮影したもの。
もう行くことはないと思いながらも、ついつい定点観察してしまう。

20060806lakekawaguchi

7月22日のブログと比べてもあまり変わってないな。

船舶免許届く

船舶免許が届きました。
これで、船の操縦ができます。(といっても、予定はないが)

今回の免許は、自動車の免許証サイズになってました。
既得権も特にない小馬力限定です。

これでまたもうしばらく、更新はないです。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »