« ウィリアムズFW11(1986) | トップページ | 初釣りならず »

ティレルP34(1976-1977)

今回は、ティレルP34です。F-1でも有名な6輪車です。

P3401
左から、1976年型、1977年型、1977年型のモナコ仕様。

1976年にティレルはフロントタイヤの設置面積を増やし、空気抵抗を減らす試みで始まった。この頃のF-1は13in程度のホイールを採用していたが、ティレルP34は10inのサイズを採用した。

P3476

折しもこの頃日本ではスーパーカーブームで、日本でもこの6輪車は大人気に。
また、1976年は日本で初めてF-1が開催された年。
決勝は雨であったが、3位に入る健闘を見せた。

翌77年、ティレルP34はフルカウルをまとう。
しかし、その分の重量がかさんでしまい、車体前後のバランスを崩してしまう。
トレッドを広げるなどして、対策を施してみたがどうも今ひとつのようだった。

P347701

77年は、各チームも改良を重ね競争力を増してきたため、6輪車のメリットも見られなくなってきた。また、タイヤの供給メーカーであったグッドイヤーも普及しない10inサイズのタイヤの開発に消極的になっていたため、戦闘力は徐々に低下していった。

P347702

苦肉の策として、ベルギーとモナコGPでは、76年型を持ち出してきたりして。

ティレルP34の悲劇は1977年、日本GPで起きた。
ロニー・ピーターソン(ティレルP34)とジル・ビルニューブ(フェラーリ)が1コーナーで接触し、ビルニューブがアウト側の観客に飛び込む形になり、二人が亡くなってしまう。
これにより、1987年の鈴鹿までF-1は日本にやってくることがなかった。

1977japan

1977japan02_1

そんなティレルP34は、翌年から元の4輪に戻り、また6輪車の採用もレギュレーションで禁止されてしまい、レースでその姿を見ることもなくなった。
しかし、日本にティレルP34は存在している。

Dsc00034_1

御殿場にあるレーシングパレス(ただいま休館中)に恐らく今もあると思う。 

« ウィリアムズFW11(1986) | トップページ | 初釣りならず »

「車関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47684/13922783

この記事へのトラックバック一覧です: ティレルP34(1976-1977):

« ウィリアムズFW11(1986) | トップページ | 初釣りならず »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ