« | トップページ | PCラヂオ »

琢磨とトロ

S080907_173822

昨年12月に注文していたSA06(鈴鹿仕様)が届いた。

正確にはSA06Bなのだが。

SA06Bは第14戦から登場。アロウズA23から流れを引き継いだツインキールのキール部を短くし、ロワアームの取り付け位置が少し引き上げられ、これによりゼロキールに近い空力特性をやっと手に入れた。

もちろん、エンジン・ミッションもホンダ製。

そんなSA06を眺めていたら、こんなニュースが...。

w(゚o゚)w

琢磨がトロロッソへホンダエンジンを持ち込み?

2008年09月06日

 スーパーアグリF1の撤退により、現在浪人生活を余儀なくされている佐藤琢磨が、今月末にヘレスでスクーデリア・トロロッソのテストを受けることが明らかになったが、もしもその結果トロロッソと契約を結ぶことになった場合、琢磨はホンダエンジンをこのチームに持ち込むことになるかもしれないとの憶測が飛んでいる。

 ジョーダンから始まり、その後BARホンダでテストドライバーとレースドライバーを務め、一昨年からはスーパーアグリに所属していた琢磨は、91レースにおよぶF1でのキャリアすべてでホンダエンジンを搭載したマシンをドライブしている。5月のSAF1の撤退以来、彼は所属するチームを失っているが、それでも琢磨は何としてでもF1の世界に再び登ると公言してやまない。

 イタリアでの報道では、現在自チームでさえもそのパワー不足に苦しむルノーエンジンに見切りをつけ、レッドブル・レーシングがフェラーリエンジンを搭載する方向にシフトすることができた場合、トロロッソはフェラーリエンジンに代わってホンダエンジンを搭載するのではないか──という説が浮上している。

 一方で、琢磨がトロロッソに加入し、フェラーリエンジンの代金の支払いに貢献するのではないかという憶測もある。ホンダがトロロッソにエンジンを供給すれば、ライバルであるレッドブルに対してエンジンの情報が漏洩するしてしまうため、ホンダが供給をためらっているという説もある。

« | トップページ | PCラヂオ »

「車関係」カテゴリの記事

転勤と出張」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47684/42406891

この記事へのトラックバック一覧です: 琢磨とトロ:

« | トップページ | PCラヂオ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ