« 安達太良 | トップページ | さんっ! »

高速道路1000円以下

単身赴任の身である私にとってはとても歓迎できる政策と思う。
ばらまきとか色々言われているが、ガソリン高騰、毎週の高速代。などなど色々と経費のかかる私にとっては、たとえ2年でもありがたいこと。

しかも、住宅ローンも背負ってるし。

将来は増税もするということであり、国の将来の心配もあるが、今を生きられないと将来はないわけで。

この辺は、色々と意見もあって当然だと思う。それぞれの事情があるわけだから。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

政府・与党は追加経済対策の一環として、東京、大阪の大都市圏を除き、高速道路料金について土日祝日は原則として1000円で乗り放題にし、平日は3割引きを打ち出す。
1000円以下の短距離は対象外。
首都高速と阪神高速も休日に一定の割引をし、東京湾アクアラインも1000円にする。
高速道路料金について大きく踏み込んだのは、「(経済対策は)パンチのあるものにしないといけない」という首相指示を受けたものだ。

今回の措置は、いずれも自動料金収受システム(ETC)の利用が条件。
金子一義国交相は29日、「予算案が国会を通過後、2年間実施したい。
5000億円が必要で財源は財務省と調整している」と述べ、必要額を第2次補正予算案に盛り込む方針を示した。

 値下げされるのは、東日本、中日本、西日本、本四高速会社の営業エリアのうち、東京、大阪圏以外。休日は普通車と軽自動車が対象で、上限は原則1000円だが、一部地域では1500円程度になる。
平日は全車種で3割程度引き下げ、深夜の5割引など既存の割引は継続する。

アクアラインの通行料金は、休日に普通車(現行3000円)と軽自動車(同2400円)を一律1000円に引き下げる。
このほか、一般財源化が決まっている道路特定財源のうち、1兆円を地方活性化のために創設する交付金に充て、平成20年度中に6000億円を先行投入することを決めた。
このうち3000億円は政府系金融機関「公営企業金融公庫」の機能を受け継いだ「地方公営企業等金融機構」の準備金から充てる。
一方、現行の住宅ローン減税は所得税から差し引ける最大控除額が計160万円で今年末で切れるが、低迷する住宅建設をてこ入れするため、控除額を大幅拡大し延長。
耐久年数の長い住宅は、過去最高だった587万5000円を上回る減税規模にする方向だ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

« 安達太良 | トップページ | さんっ! »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

転勤と出張」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47684/42954282

この記事へのトラックバック一覧です: 高速道路1000円以下:

« 安達太良 | トップページ | さんっ! »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ