2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

1000円スタート

の、初日ですが。

普段の休日とそんなに変わっていない様子。

090328

本格的な動きは、もう少し後なのか?

The last paradise 86

始まりましたね。

今シーズンからレンタルボートのページが再開。

早速、申し込みました。

あとは、有給休暇を取るのみ。

1005860_2 

今日も雪

今日も雪

やっぱり、景気が悪くなると

そういえば、バブルがはじけた頃の日本もこんな感じではなかったでしょうか。
その頃は、「アウトドアブーム」だったかな?

メレディス(米ニューハンプシャー州) 19日 ロイター]

 景気の落ち込みが深刻化する米国では、ぜいたくな休暇や高級ディナー、浪費を控える傾向が強まる一方、比較的安価で簡単にできる釣りの人気が高まっている。

 氷の張ったニューハンプシャー州の湖で釣りを楽しむマイク・マクドナルドさんは「バケツ1杯のえさが6ドル(約580円)で買え、それで残りの1日を過ごせる。スキーならリフト代だけで1日80ドルかかる」と述べた。

 釣りは家族にとっては手ごろなアウトドア・アクティビティーであり、腕さえあれば食費を浮かすこともでき、職を失った人には暇つぶしにもなる。

 ニューヨーク州で釣具店を経営するジョン・ミラーさんは「釣り人がかなり増えている。景気がこういう状況で、仕事を解雇される人たちは家でじっとしていたくないのだろう。釣りに行くことは割安な選択肢だ」と述べた。

 不景気と釣り人気の関係は過去にも見られた。全米スポーツ用品協会(NSGA)によると、米国で前回に景気後退(リセッション)があった2001─2002年には、釣りざおやリールの売上高が3億4300万ドルと、それ以前に比べて12%増えた実例がある。

 同協会の統計によれば、米国内の釣り関連産業は、道具入れやルアーなども含めると22億ドル規模。この数字には、釣り関係の旅行や洋服、釣りのレッスンなどは含まれていないという。

 スポーツ専門放送局ESPNは先に、釣り雑誌「バスマスター・マガジン」の広告需要拡大を受け、同雑誌の折り込み広告ページを44%増やしたことを明らかにしている。

 テキサス州では過去数カ月、釣りのライセンスの売り上げが大幅に増加。同州公園野生生物局のトム・ハーベイ氏は「ガソリン価格が大きく下落し、車やボートでの行動を後押ししているのではないかと思う」と述べた。

 <簡単で安価な選択肢>

 米経済に関する暗いニュースが相次いだ2月、ニューハンプシャー州ウィニペソーキ湖で毎年行われる氷上釣り大会には、前年比約7%増の5500人近くが参加。過去最高の人出となった。

 今シーズンは釣りえさの売上高が25%増えたと話すのは、同湖の近くで釣具店を営むアラン・ジェームズ・ニューテさん。「1月と2月は過去最高ともいえる2カ月だった。釣りが本当に安上がりな点が大きな理由だと思う」と述べた。

 テキサス州で排水処理プラントに勤めるジョン・コンツさん(65)も同様の意見。「1日5ドルで出来ることが他にあるだろうか」と語りながら、マスの群れが泳ぐ川岸の近くで釣ざおを立てた。

簡単で安価な選択肢なんて書いてあるけど、趣味の世界はお金掛かりまっせ。

で、日本にも波及して第3次バスブーム到来?(高速道路も安くなることだし)

初心に戻れ

ここ、にも書いてあるのだが、今この時期になってなぜかラインで迷っている。そんなときこそ初心に戻れとばかりに勢いで「ぽちっとな」。

これで少しすっきりしたかも。

サンヨーナイロン GT-Rウルトラ 600m
サンヨーナイロン GT-Rウルトラ 600m

やっぱり、これでないと何となく安心できないのは、これに絶大な信頼を寄せているから。

ふと、思った

今日、今年初めての野バス釣りに行ってみた。
この池は工業団地の中にあって、転勤してからシーズン中は、ほぼ毎日のように通っているわけで。

で、昨今の不景気の影響で稼働率が下がっている状況では、十分な水量を確保できないことになるのではないかと。
この池は工業団地からの浄化された水で成り立っていることを考えると、その辺は非常に気になるところ。

実際に、夏場のお盆の頃は明らかに水量が減り、水質も悪化し魚たちは沈黙する、もしくは水通しの良い沖に集中する。

こんなところにも景気が影響するのかと。

F1000172

春を見つけた

今日、会社の敷地で春を見つけた。

実はまだ、土地の半分が未活用で残っている状態で、この時期はヒバリの格好の住処になっている。

F1000164

で、空き地の斜面には毎年ふきのとうが芽を出す。

去年も同じ場所だった。

もう少しすると、シーズンインですかね。

チキンラーメンの卵、お湯だけで固めるには

最近の景気の悪さに、外食を止め自炊を始めました。

会社帰りにスーパーに寄ることも。

で、先日チキンラーメンを買ったのでこんなネタです。

http://www.nissinfoods.co.jp/entertainment/dietarylife/kensyoku/waza/oyukake/index.html

さっそく今度試してみよう。

あっ、米もまた買いました。

やっぱり、大潟村産です。

バイアウト:落ち着いたようです

昨年、突如撤退しその後がどうなるか色々憶測の出たホンダF-1チームですが、結局ロス・ブラウンが買い取ったようです。

Honda Racing F1 Teamの売却について

Hondaは、Honda Racing F1 Team(以下、HRF1)を、これまでHRF1のチームプリンシパルを務めていたロス・ブロウン氏に売却した。

これまで英国においてHRF1の持ち株会社として、HondaのF1レース活動全ての業務を管理してきた、ホンダ・ジーピー・ホールディングス・リミテッド(Honda GP Holdings Ltd.)保有のHRF1の株式100%を、ブロウン氏に売却した。

これによりチームの所有権はブロウン氏に移行し、今後はブロウン・ジーピー・フォーミュラ・ワン・チーム(Brawn GP Formula One Team)として、今シーズンのF1グランプリ開幕戦から参戦する計画である。


■大島裕志 常務執行役員 広報・モータースポーツ担当

「昨年12月5日にF1レース活動からの撤退を発表して以降、新たなチームとして存続できるように、様々な検討・協議を重ねてきた。

結果としてこれまで一緒に戦ってきたロス・ブロウン氏に売却することができて、非常に嬉しく思っているとともに、彼の英断に大変感謝している。

今後はブロウン氏の率いる新チームの活躍を期待している

Baton

一年経ちました

一年経ちました
コムギ(♀)が我が家に来てから一年経ちました

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »