2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

ホンモノを得た

Imgp6108

発売当日に完売となったホンモノ。
いやいや、キャリルで試投した感動が甦りました。

蒸し蒸ししているので

みんなイライラしています。
ちょっと、雰囲気が悪くなったので気分転換に。

エアコンを付ければ良いんだけど、すぐに消されてしまう。
なんで?
テレビのチャンネル権とエアコンのスイッチ権は、私には無いようで。

そんなわけで、小河内ダムに涼みに。

F1000142

湿気はあるが、明らかに下界より涼しい。
湖面を見ていると、バス発見。

F1000144

F10001145

まだスの時期らしくバスの周りはやや白い砂利のような。
もう稚魚がうろちょろし出したのか?

妻や子供には見えないらしい。いつも会社帰りに釣りをしているから、この程度はお手のもの。

もちろん帰りには、いつもの家族に戻ってます。

趣向が変わってきた

バス釣りをはじめておおよそ16年。
最近、バスロッドの趣向に変化が出てきたようで、ほぼダイワオンリー(正確にはハートランド)だったのが、ついにというか、やっとというか。

0102023023006019

使っている人なら「当たり前」と思うかもしれないが、何かひとつ踏み出せない領域でもあった。
ダイワを好んで使っていたのは、グリップのデザインと頑丈さ。
頑丈さというのは、語弊があるかもしれないが繊細な部分が目立たなく、結構無理が利く。
やや、持ち重りという点では難点があるかもしれないが。
その点、このフェンウィックはアメリカ生まれでありながら大雑把なところがないような気がする。

一日中、ロッドを振るということを考えると、重量というのは意外と重要で今回、その軽さとバリエーションを考えて、こちらにシフトしようということになった。

たとえば同じMHクラスのロッドだと、白疾風04で165g。エリートのMHクラスで125g。
125gというと、HL-Z 631MLRB-07 NO SINKER BAIT SPECIAL IIが同じ重量。
更に、これにリールの重量(おおよそ200g)をセットすると明らかにエリートが一日を通して疲労も少なかろうと。

もちろん、ハートランドシリーズにもお気に入りが存在するので、そういったロッドたちには残ってもらうのだが。

一応

一応
写真を載せておく。

ルームランプ交換

さて、ぼちぼち9万5千キロの声が聞こえてきたRG3ですが・・・。

って、まだ一回目の車検を受けていませんが、何か?

ルームランプの球切れが発生。

そんなわけで、本日LED球に交換。

しかし、東京は蒸し暑い。

本物を知る

実は昨日行こうと思っていたのですが、薬の副作用で結局行けず。

で、「明日は、頑張って行ってみよう」ということになって、午前中に河口湖へGo!

目指すはキャリルさん。PX68のベアリングを交換してもらうためだ。

偶然にも沢村プロに直に組み替えていただいた上に、できあがったばかりのKTFチューンのPX68プロトと、レボKTFワークス仕様も試投させてもらい、とても良い経験をさせてもらった。

やっぱり、本物はすごい。

100613_112701

明日は

明日は
夕日がきれいです。明日は回復してると、助かるのだが。

バッテリー切れ

今日は月一の通院日。

普段はなんてことない通院なんだが、なぜだか今日は通院途中で、発作が・・・。

まぁ、今週は何回もそんな状態が続いていたんですが。

で、先生と一通り今までの状況を話したところ、「バッテリー切れですね」だそうだ。

切れていた、ミルナシプランを今回は多めにもらって、帰宅後速攻で服用。

さすがに四日ほど服用していない状態だったので、副作用が・・・。

今回は睡魔でした。休日なんで、さっきまで寝てました。

今日は、キャリルさんにリールのチューニングをお願いしに行く予定だったのですが、まだ薬の作用なのか、頭がすっきりしないので次回に延期。

Zyutai

これじゃ、行けてもいつ帰ってこれるか、わからんので。

ポキッと

ポキッと

いきなりだもんな。

2

こんな芦の中から

1

このバスを抜き出して、下あごに手がかかった瞬間に、「ポキッ」
バスの口元まで、折れたロッドティップがラインを伝わってきた瞬間。

_| ̄|○

WOLFGANGで2匹目の魚で逝ってしまった。まだ、2匹しか釣ってないんですよ。

再び北緯四十度パート2

再び北緯四十度パート2
西仙北は濃霧。

再び北緯四十度

再び北緯四十度
鶴巣にて。あんまり調子がよろしくないが、気晴らしに。

良いのか悪いのか

全くここのところ、体調が良いときと悪いときがはっきりしていて困ります。

もちろん、良いにこしたことはないのだが。

昨晩から、目~肩に掛けての痛みが・・・。

なんなんだ?

「昔は、こんなんじゃなかったんだが・・・」と思うこともしばしば。

そうえば、ミルナシプランとペタマックの在庫が切れそう。

なくても何とかなるんだが、次の通院までは確実に持たない。

と、たわいもないつぶやきでした。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »