2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« パワースポット | トップページ | RG3のサスペンションを交換(するかも) »

いざというとき

今日は一日無事に終わるかと思いきや、夕方に息子が車に当てられたという報告で、バタバタと過ごし、少し前にやっと警察から帰ってきたところ。

こちらは自転車、相手は車だったのだが、相手の運転手が息子に電話番号を聞いてその場を立ち去った。

自宅に電話をしてきていたようだったが、あいにく不在であったのでこちらから本人と連絡を取った。

第一声が、「お子さん大丈夫?」ちょっと待ってよその前にやることがあったんじゃないの?と、私自身相当、腹が立っていたようで、自分でも驚くくらいアドレナリンが上がっていた。

「あなたのやったことは当て逃げです」とはっきり言ってやった。

幸い、息子に怪我はなかったのでよかったのであるが、そのままにしておくにはあまりにも親としてどうなのかということで、警察に事後報告。

当事者と事情聴取のため、警察署に出向き、いろいろと話したのだが、何か誠意が感じられないなと。

相手は初老の男性ではあり、人生経験もそれなりに積んでいるであろうし、その前に運転者としてどうなのよ、大人としてどうなのよという感じであった。

ハンドルを握る以上、こういったリスクはつきものであり、こういったときにはちゃんと対処をしてもらいたいものである。

« パワースポット | トップページ | RG3のサスペンションを交換(するかも) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47684/50657663

この記事へのトラックバック一覧です: いざというとき:

« パワースポット | トップページ | RG3のサスペンションを交換(するかも) »