« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

行く年来る年

さて、今年も残り少なくなりました。

今年を振り返ってみると、日本の状況も自分自身の状況もあまりいい年ではなかったようです。

やっぱり、一番は3.11でしょうか。

P3110017s

これが、今年の全てなんでしょうね。

自然災害とはいえ、今年一年の自分の環境をだいぶ変えたような気がします。

直接の被害を被ったわけではないですが、心身ともにだいぶやっつけられた感があります。

3.11がなかったらどうなのか?たら、ればで判断はできませんが...。

計画停電ガソリン不足による生活の不便さ。帰宅難民なんていうこともありました。

幸いにして個人的には直接の被害はなかったのですが、6月に現地に行く機会がありましたので街の様子や勤めていた勤務先をみるとやはり、相当のすごさを感じました。

特に4年間を福島県で過ごしてきて震災のほんの数ヶ月前に帰京し、周りからは「運が良かったね」と言われますが、果たしてそうだったのか?確かに震災後の物不足や一人暮らしを考えるとたぶん、どうしようもない不安感に押し潰されていたかもしれません。

現地ではそれぐらい逼迫してる情報は常に入っていましたから。

110613_182338

まだまだ、原発問題という大きな課題と不安を残したままですが...。

今年少し心残りなのが、あまり釣りに行けなくなったことでしょうか。

まっ、環境が東北から関東になったので今まで通りにというわけには行かないのは判っていたつもりだったんですが...。

やっぱりここにも、3.11の影響はあるんですね。関東エリア(特に水郷)は軒並み震災の被害を受けているようだったので自粛。

東北は被災地なので、積極的に行こうと思ってもガソリン不足などによりタイミングが合わず。

更に自分の体調不良が長引いて思うような行動ができず。

11061902

来年こそはもう少しペースを上げたいな。

その前に自分の健康を少し考えないと行けないかもしれません。相当心身ともに参っている感があります。

年末を迎え、十二指腸炎でダウン。精神的も医者から休養を進められる始末。

あと、禁煙を始めました。些細なことかもしれませんが、会社勤めより、カミサンよりも長いつきあいのたばこを止めました。

たぶん、来年も止めていると思います。

そんなこんないろいろありましたが、来年は明るい年にしたいと思います。

110619_185141

今年一年お世話になった方々、ありがとうございました。

また来年も懲りずによろしくお願いします。

釣り納め

昨日、釣り納めで栃木県の管理釣り場に。

111230_114938

車中から見える那須岳方面は雪が降っている模様。

111230_125447

現地はとにかく、風が強く気温も一桁というか氷点下近く。

しかし水温は、二桁近くあるので水の中の方が暖かいようだ。

111230_125432

111230_125442

まっ、釣果は寂しかったけどFOX-TAIL-BLADE Customで釣れたからヨシとしておこうかな。

メガネ戻る

メガネ戻る
度が合わずに、レンズ交換を頼んでいたリンドバーグのエアチタニウムが今日戻ってきた。
で、年末が近いせいでしょうか?いつもなら30分もあれば十分なのに今日はクルマで片道1時間くらいかかりましたよ。

いろいろ大変な日でした

つぶやきばかりで、こっちが疎かになっていましたが今日は大変な一日だった。

昨晩、食後に少しリバース気味になってトイレに駆け込んだら吐血。

たいした量ではなかったが、ややびびる。

数日前から、胃の痛みがあって市販薬で凌いできたがぼちぼち限界だったようで。

今朝病院に行って、診察された結果が急性十二指腸炎...。

そういえば、6年くらい前にもやったよな。

で、病院で胃カメラ待ちが長かったのでウォークマンでラジオを聞いていたら、関越道の通行止めがかなり長時間になっている。

関越道で4台絡む事故、1人死亡

 埼玉県警高速隊によると19日午前7時15分ごろ、同県新座市片山の関越自動車道上り線で、トラックなど4台の玉突き事故があり、トラックに追突されて炎上した軽ワンボックス車の運転席から1人が遺体で見つかった。

高速隊によると、渋滞の最後尾で追突された軽ワンボックス車が弾みで別のトラックに追突し、その前の乗用車も追突された。軽ワンボックス車は全焼し、最初に追突したトラックも運転席付近が焼けた。上り線は事故直後から、所沢インターチェンジ(IC)―練馬IC間で通行止めになった。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4906346.html

そういえば、今日の胃カメラの先生はずいぶん若くてかわいいなと思ってみてたら助手さんだった。

私の視界の外からどーんとした、女医さん登場で思わず吹き出しそうになる。

何かのコントみたいなオチで、自分がおかしかった。

でも、腕は良かったみたい。

女性ならではの細かい配慮はあるし、「ベテランですねぇ」と良いタイミングで軽いジャブ入れてくるし。前回より楽だった。

胃カメラのベテランでも困るんだが...。

主治医といろいろと話した結果は、「年末まで休んでみたら?」ということになり会社に連絡。

とりあえず引き継ぎとかいろいろあったんでいったん会社に行って、詳細を説明し2週間の休暇をもらった。

自宅に着くと今度は、こんな事になってるし。

金正日総書記が死去…17日に列車内で心筋梗塞

朝鮮中央通信は19日、北朝鮮の最高指導者で国防委員会委員長の金正日総書記(69)=朝鮮人民軍最高司令官=が17日、現地指導の途中で死去したと報じた。列車の中で急性心筋梗塞を起こしたという。建国からほぼ半世紀、金総書記は同国を率いた父親の故金日成主席から権力を継承し、親子2代にわたり統治した。同通信は、後継者を三男、正恩氏(28)と伝えたが、独裁体制を築いてきた支柱を失ったことで、今後、統治体制確立や核・ミサイル問題の行方が焦点となる。さらに、米韓、日本など周辺国を含めた東アジア情勢が重大な岐路に立たされるのは必至だ。

 朝鮮中央テレビによると、金総書記は17日午前8時30分(日本時間同)、現地指導の際、過労のため列車の中で死去したという。

 同テレビは19日午前10時、正午からの特別放送を予告していた。その際、アナウンサーが悲しい表情をしていたうえ、背景音楽が「将軍」をたたえる主旨の曲調だったことから死亡したとの見方が有力だった。

 朝鮮中央通信によると、19日に平壌で葬儀、29日に中央追悼大会が開催されるという。

 韓国政府は19日、不測の事態に備え、軍を非常警戒態勢にした。中国も難民の大量流入などの事態を懸念し、北朝鮮との国境付近の軍の配置を強めるのは確実で緊張感が広がっている。

 北朝鮮では2010年9月、朝鮮労働党代表者会を44年ぶりに開催し、正恩氏を後継者に選出。健康に不安を抱える金総書記の死後の“金王朝”の安泰をアピールし、国内の安定を図ってきた。

 北朝鮮は核開発に力を入れ、06年10月と09年5月に核実験を実施。すでに数発の核爆弾を保有しているとみられている。

 また、10年には米国の核専門家に対してウラン濃縮施設を公開するなど、核を恫喝外交の手段としてきた。

 金総書記は08年8月に脳卒中で倒れたとされ、9月の建国60年の閲兵式を欠席し、これまでもたびたび健康不安説が取りざたされていた。

 故金日成主席の生誕100年に当たり、自身も70歳を迎える12年を「強盛大国の大門を開く年」と位置付け、軍事強国を目指し、正恩氏の後継体制確立を推進してきた。

 だが、北朝鮮を長く支配してきたカリスマ指導者の急死は、北内部の波乱を含め、国際情勢に大きな緊張をもたらすのは必至だ。

米軍の動きも慌ただしいとのニュースも流れていたが、慌ただしかったのは沖縄の方らしい。

そんなこんなで、慌ただしく感じた一日だった。

皆既月食前

皆既月食前
月がキレイな夜になりそうです。

一難去ってまた一難?

さて、幻の初雪となった東京ですが、やっぱり寒かったです。

すでにスタッドレスタイヤに履き替えていたんで少々の雪には何ら問題なし。

そういえば、先日から現れていた会社を去っていったあいつらは夢の中には出てこなくなってホットしたのもつかの間、今度は頭痛、肩こり、胃の痛みというストレスの基本症状が現れ、今日のお昼は、パン一個でした。

もともと、メンタル系の病気で数年前にやっつけられてからと云うもの、その手の薬は手放せない今の精神状態。

たま~にやってくるんですよね。特に禁煙してから。

さっ、明日は休みなので仕事は忘れてゴロゴロしてます。こういうときは何もしないで、ホントはよく寝て脳を休ませるのが良いらしい。

日本列島、厳しい冷え込み 東京「幻の初雪」(12/09 12:55)

 強い寒気の流入で日本列島は9日、各地でこの冬一番の冷え込みとなった。気象庁によると、水戸、前橋、埼玉県熊谷市、甲府、富山、金沢、福井、鳥取、徳島各市で初雪を観測した。金沢市の初雪は平年より10日遅いが、水戸市は22日、熊谷市は20日、甲府市は15日、徳島市が12日早い。
 東京でも「杉並区や練馬区などでみぞれが降ったのを見た」「初雪ではないのか」などの問い合わせが気象庁に寄せられた。同庁は、東京都心の雪の観測は庁舎のある大手町での目視によるとしており、今回は「東京の初雪」とは認定しないという。

夢の中のあいつら

おはようございます。

やっぱり夢の中に会社を去っていったヤツが出てくる。何を言いたいんだろうか彼らは。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ