2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

書籍・雑誌

死の淵を見た男

やっと再販があったようなので、先日購入しました。

未だに収束とはならない原発。

来年3月にまたあの日はやってきます。

いちえふ

久々の更新ネタはこれ。

普通のコミックなら、さらっと読んじゃうんだけどこれに関しては、じっくり読むね。
震災前の現地には何度か足を運んでるし、やっぱり気になる。

テルマエ・ロマエ

買うかどうしようか迷っていたら、娘がはまってましたので少し寄付して3巻までゲット。

【送料無料】テルマエ・ロマエ(3)

【送料無料】テルマエ・ロマエ(3)
価格:714円(税込、送料別)

まず、買ってみた本

年の初めにまず買ってみた本。

別に転職しようと思って買った訳じゃないんだけど、何となくタイトルに引っかかるものがあって。

ま、何かヒントが得られればなと。

特にキャリアでもないし、不安は感じていないんだけど世の同世代はどういう人生なんだろうか。

続いては、パート1は読んだんだけど、パート2が出たので買ってみました。
こちらは、コンビニも置いてありますね。

立場上、伝えなきゃいけないことがいろいろと多いのでいかに伝えることが難しいかは重々承知。

池上さんの本は他にまだ2冊ほど、手つかずなんですが今年中に読破できればと思っております。

謎解きはディナーのあとで

09386280

★謎解きはディナーのあとで ★

今日、久しぶりに本屋さんへ。
いつもはネットで注文するのだが直接手にとって、読めるのは本屋の利点。

いつくか読んでみたい本があったのだが、今回はこれを買った。

売れているそうである。

知らないのはおじさんだけなのか?

オカッパリALLSTAR CLASSIC

オカッパリALLSTAR CLASSIC
やっと手に入れました。

Hunting Time ~命を懸けたサイトお見せします 山本大輔~

フロントラインプロダクション Hunting Time ~命を懸けたサイトお見せします 山本大輔~
フロントラインプロダクション Hunting Time ~命を懸けたサイトお見せします 山本大輔~

先日買ったのにすっかり忘れてました。

カブトエビは不死身の生きもの!?

息子の夏休みの読書感想文用に買ってみました。

Kabuto

★カブトエビは不死身の生きもの!?★

読書感想文は、手紙で送ってもらうと云うことで。

次の読んでもらおうと思っている本もすでに、物色済み。

初版は、私が小学生の頃だからかれこれ、30数年前。

紫電と紫電改

今日はクリスマス・イヴなので、皆さんクリスマスネタでしょうかね?

昨日、偶然にも紫電と紫電改が届きました。
飛行機ファンなら、第二次世界大戦中の日本の飛行機かと思うでしょうが、アタリのようなはずれのような。

001shidenkai

★エブロ 1/43 スーパーGT 2006 Privee Zurich アップル 紫電★

★最後の戦闘機 紫電改★

紫電改については、まだこれから読むのでちょっと置いといて。

Shiden_1

紫電は今シーズンから投入された、ムーンクラフトが製作した車です。
ムーンクラフトといえば、「違いの判る男、由良拓也」(ちょっと、古いネタですかね)が率いる、マシンコンストラクターです。
モータースポーツ界において、彼の功績は非常に大きいですね。

グラチャン(GC)レースにおいては、MCSシリーズが大ヒット。
日本のモータースポーツを大いに賑やかにしてくれました。

そんなMSCカウルが、はやる前、実はGC用として初代紫電が誕生しました。
1977年のことです。当時はオープンボディのGCマシンが台頭する中、敢えてクローズドボディを採用したことで注目を浴びました。しかし、結果が付いて来ない状況が続き、屋根を一部切り取ったり、エンジンを変えたりした紫電改が登場。
重量面でのハンデがあったりして、結局、物にはならず1978年10月の富士500マイルレースで、焼失。

そして今年、新生“紫電”がスーパーGTに復活。
見た目にも、Cカーを思わせるデザインは、「こんなの出ていいの?」という感じだった。
GTアソシエーションからは特認車両扱いとして出場している。

見た目には非常にレーシーな紫電だが、実はロードカーを第一条件に意識して作られた車なので、見た目とは大違いで色々苦労されているみたいです。
アメリカのライリーテクノロジー社製のデイトナプロト、マーク11の基本コンポーネントを流用して、エンジンもパーツ供給の便利性を考えてレクサス(1UZ-FE:4200cc)を使用しています。できれば、NSXのエンジンでも載せてくれれば...。
今年はあと一歩というところで、シリーズチャンピオンを逃しましたが、来年こそは!と思わせる車です。

紫電という飛行機と初代紫電の両方を知る者にとっては、とても魅力的な車です。

ところで、焼失した紫電が復活しました。(ネタは古いですけど)
詳細は、ゆらたく屋で紹介されていますので、そちらでどうぞ。

こち亀1000P

う~ん、勢いでコンビニで買ってしまった。

Kame01

1000ページがどんなもんかというと、

Kame02

こんな感じだ。

より以前の記事一覧