ミツバチ

ここまできたか

ネットブックもついにココまで来たか。
というか、普通のノートPCでもこれは見たことないな。

3sotec1211_02.jpg

●概要
オンキヨーは、ミニノートPCで定評のあるPCメーカーの工人舎と、ノートPCを中心とした高付加価値製品の協業を開始。
協業製品として、既存のネットブックのラインアップとは一線を画す個性的なモバイル製品を発売する。
全国のオンキヨーPC製品取扱店および、オンキヨー製品公式ショッピングサイト「ONKYO DIRECT」にて本日より受注を開始、12月下旬より順次発売を開始する。

本製品は、表示解像度1,366×768ドットの10.1型ワイド液晶パネルをデュアルディスプレイで搭載。
フルハイビジョンを超える表示領域を確保しさまざまなコンテンツを同時に表示できる。また画面展開時、それぞれの液晶部がフラットになっており、見やすさにも配慮している。液晶部には回転ヒンジを備え、180度回転することが可能。
ビューワースタイルとして自在な表示ができる。
指紋認証機能や、ビューワースタイルで使える各種ワンタッチボタンを搭載。
また、130万画素Webカメラを搭載。
ケーブルレスでインターネット接続ができる無線LANに加え、さまざまな周辺機器との無線接続が可能なBluetoothを搭載。モバイル使用での利便性をさらに高めている。
グラフィックシステムは、高いグラフィック性能を発揮するATI RadeonTMHD 3200を搭載。


●主な特徴
・広大な表示領域を確保した2画面液晶
・ビューワースタイルで自在な表示
・多機能インターフェース
・無線LAN&Bluetooth
・動画をなめらかに表示
・高い堅牢性
・最新のOSとしてWindows7を搭載
・マルチタッチ機能に対応したタッチパッドを搭載
・省電力CPU、AMD AthlonTM Neo プロセッサ MV-40を搭載
・3種対応メモリーカードスロット、microSDカードスロットを搭載
・使い勝手のよいUSB2.0 ポートを本体両側面に配置


 

http://event.rakuten.co.jp/newproduct/pc/release/pc_note/pc_note_20091211_02.html

ニホンミツバチ(その3)

結局、分蜂郡はゴミ集積所の一群と合流して、ゴミ集積所の屋根に垂れ下がるように固まってました。
お昼過ぎ、管理人さんにより殺虫剤の餌食となって全滅してしまいました。

巣でも作るんじゃないかと、思ってましたが...。
娘は残念がってました。(初めて見たので、ウキウキだった様子)

ニホンミツバチ(その2)

mitubati
昨日、書いたニホンミツバチの分蜂のその後です。
昨晩、犬の散歩ついでに一群のある「家の前の電柱」、もう一群のある「ゴミ置き場の屋根」を確認しました。
この電柱は、電灯が点かない状態なので、蜂は見つけられませんでした。かすかに見える範囲では蜂の姿は無いようなので、恐らく本隊と合流できたのでしょう。
続いてゴミ置き場です。ここは某企業の独身寮になっている場所です。他人の敷地なので流石にカメラを向けるわけにもいかず、写真はないですが直径約30センチくらいの塊になっていました。

今朝、子供たちが学校へ行くときに外を見ると電柱には僅かな蜂が残ってました。
早速スズメバチの来襲を受けてます。

今日中に移動してくれないかな?

ニホンミツバチ

mitsubachi

(↑写真はクリックで大きくなります)
夕方、遊びから帰ってきた娘がうるさい。
外に虫の大群が飛んでると騒いでる。「もしかしたら、蜂かも」とのことなので窓から外を見てみると、確かに虫の大群が舞っている。
更によく見ると、家の前の電柱に黒い塊が。
こいつは、ニホンミツバチの分蜂群らしい。去年の春に御岳山で見たことがある。
近年は、市街地でも見かけることがあるしい(ネット調べ)が、この辺で見るのは初めて。
一般的には春から夏にかけて、分蜂群ができるらしい。

しばらく眺めていると、どこからともなくスズメバチが来襲。
分蜂群は分裂し、一群は電柱に留まり、もう一群は近所のゴミ置き場の屋根に集結。
日も落ちてきたところなので、もう遠くには行かないだろう。
何もしなければ刺さないことは判っているのだが、子供の頃に刺されたトラウマから未だに蜂は怖いのである。

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ